京都人の暮らし

旅とファッションをこよなく愛する京都人のブログ

【くせがつよいマスター】焼肉屋 いちなん(京都市左京区)

こんばんは、Shun(@shun_kyoto)です。

 

みなさんたまに無性に焼肉が食べたくなることがありませんか?

京都の焼肉といえば、『焼肉 弘』が有名どころですかね。

京の焼肉処 弘 | 厳選した黒毛和牛を堪能できる、古都・京都の焼肉専門店

たしかに弘さんは美味しいですが、みんなが知ってる店です。

そこで地元左京区の焼肉屋『いちなん』さんを今回は紹介したいと思います。

場所

京都市左京区には、通称『ラーメン街道』と呼ばれるラーメンストリートがあります。

その界隈にある焼肉屋さんとなります。

外観・内観

外観の写真撮り忘れました。

内観はこんな感じです。

f:id:rich_s:20171026222226j:plain

アットホームな雰囲気漂う、こじんまりとした店内です。

奥の方に写っているスキンヘッドの方がマスターです。

元気いっぱいで気さくなのですが、こだわりが強そうというかくせがつよそうです。笑

メニュー

f:id:rich_s:20171026103848j:image

f:id:rich_s:20171026111011j:imagef:id:rich_s:20171026110932j:imagef:id:rich_s:20171026111024j:image

  • 塩タン(タン塩ではない)
  • 赤身モモ
  • 生レバー
  • ユッケ
  • ピビンパ
  • キムチ

を注文しました。

オーダー到着

f:id:rich_s:20171026111237j:imagef:id:rich_s:20171026111243j:image

まずは、塩タンと赤身モモが到着。

タン塩ではないなは、タンを塩タレにつけたという食べ物でしたので、きっと塩タンという表現になっているのではないでしょうか。

f:id:rich_s:20171026111410j:image

クラシックな焼肉スタイルがグッドです!

f:id:rich_s:20171026111457j:imagef:id:rich_s:20171026111501j:image

ユッケと生レバーが到着

ユッケはちょっと独特でした。韓国海苔を巻いて食べるというスタイルで、他店にはない、新しい食べ方でした。

上に乗っているのも温泉卵ですしね。

 

生レバーは、珍しくサイコロ切り。

味は割とベーシックでしたが、見ての通りなかなかの量。

量としては、満足のいく一品でした。

 

写真を撮り忘れたのですが、ピビンパが一番特徴的で、アボカドのような見た目のウリが中に入っていました。

美味しかったかというと…笑

 

レビュー

カジュアルに楽しめる焼肉屋といった感じです。味はそこまで悪くないですが、スタッフがホールにひとりしかいないので、注文が運ばれてくるのには少し時間がかかります。

気軽に行く店としてはいいのではないでしょうか。